海外ではバカ売れ

 work internet

日本人にとって、中古車とは何か。「むしろローンを組んで新車を買ったほうがいい」という人が多いのではないか。しかし海外では事情が違い、エスビーティーはその事情を正しく把握している。

増え続けるオフィス

 internet

エスビーティーは躍進中、そのことは今なお増え続けている国内外のオフィスを見てみても一目瞭然である。新興国だけでなく、国内にも、先進国にも続々とその数が増えているのである。

グループ会社の躍進

laptop work

今、エスビーティーは複数のグループ会社を従えている。「ショッピングサイト向けのサービス」を行う会社など、必ずしも車とは関係ない会社ばかりであるが、それぞれに大躍進中である。

現在、躍進中

laptop

「景気のいい話」なんてめったに聞けなくなってしまったが、そんな今、久々に景気のいい話を聞いた。エスビーティーという会社が大躍進を続けているのだという。この会社は1990年代の初旬に現れ、当初は横浜のちょっとしたビルにオフィスを開設して中古車販売業を始めた企業としてしか認知されていなかった。しかし特に2000年代に入ってからその躍進ぶりが次第に話題になり始め、今では「中古車」と聞けば「エスビーティー」という語を思い出す、そんな人も少なくない。

なぜそのようなことになっているのかというと、エスビーティーという会社がほかの中古車販売業の会社にはない独自の路線を持っていることである。この会社は中古車を国内の客には売らない。日本では中古車を売りに出す人は多いが、購入する人の数はそれほどでもないということを知っているのだ。そして、どこでなら中古車が、それこそ飛ぶように売れるのかということも。
つまり、エスビーティーは販売する先を独自に見出すことによって成功し、躍進を続けているのである。
その販売先とは、もちろん海外。しかも東南アジアや中東、南米、アフリカ大陸といった地域にあって今、スリルとサスペンスと活気にあふれている新興国で、販売しているのである。現在のところすでに40を越す数のオフィスがそれらの地域で開業していて、それらの国々の人々に日本の中古車を上手に販売しているのである。
ここではその成功の秘密と、躍進中のエスビーティーの新たな動きについて取り上げる。

a men is wearing vest and laptop